PR

ニュース 経済

7月の貿易収支は赤字、中国向け輸出減

港で輸出を待つ自動車=横浜市
港で輸出を待つ自動車=横浜市

 財務省が19日発表した7月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2496億円の赤字となり、前年同月比でも赤字幅は9・8%増えた。赤字は2カ月ぶり。中国向けの輸出が前年同月比で9・3%減ったことなどが影響した。対中輸出額は5カ月連続で前年水準を下回っており、激化する米中貿易摩擦の影響がうかがえる。

 全体の輸出は1・6%減の6兆6432億円で、8カ月連続で前年水準を下回った。中国向けの自動車部品や半導体製造装置などが大きく減った。

 輸入は1・2%減の6兆8928億円だった。イランからの原粗油やアラブ首長国連邦(UAE)からの石油製品が減った。

 国・地域別では対中国が3838億円の赤字で、16カ月連続の赤字。輸出は自動車が前年同月比31・4%増と好調だったが、半導体製造装置(31・5%減)や自動車部品(35・0%減)などが大きく落ち込み、全体では1兆2288億円(9・3%減)と5カ月連続の減少となった。輸入は同2・8%増の1兆6126億円だった。

 対米は5794億円の黒字で、対欧州連合(EU)は679億円の赤字だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ