PR

ニュース 経済

ココカラファイン、マツキヨHDと経営統合協議へ

 ドラッグストア業界7位のココカラファインは14日、5位のマツモトキヨシホールディングス(HD)と経営統合に向けた協議を始めると発表した。統合が実現すれば、売上高は1兆円規模に達し、ツルハHDを上回り業界首位となる。ココカラはマツキヨに独占交渉権を与えた上で、基本合意に向けた具体的な協議に入る見通し。

 ココカラをめぐっては、マツキヨが4月26日、資本業務提携の協議を始めたと公表。業界再編などで意見交換をしていた6位のスギHDも翌27日、経営統合案をまとめた。ココカラは客観性と公平性を持たせるため、社外有識者などからなる特別委員会を設置。特別委が8月7日付でココカラに結果を報告していた。

 ココカラの発表を受け、マツキヨは「選んでいただいて非常にうれしく思う。前向きに協議に取り組む」とコメント。スギは14日、ココカラとの経営統合協議を終了すると発表した。

 関西圏で都市型店舗を多く持つココカラと、関東圏で同様のビジネスを展開するマツキヨは補完関係にあり、ココカラは「マツキヨとは店舗作業の効率性やプライベートブランド(PB)商品の開発で大きなシナジー効果が生まれる可能性がある」と強調する。

 ドラッグストアの競争環境は厳しさを増している。JPモルガン証券の村田大郎シニアアナリストは「ドラッグストアは地域ごとのすみ分けがなくなり全国区の競争に突入している。生き残りをかけ、規模の力がますます重要だ」と話す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ