PR

ニュース 経済

JDI、債務超過 中国ファンドとの会見中止

一時休止中のジャパンディスプレイ白山工場=石川県白山市
一時休止中のジャパンディスプレイ白山工場=石川県白山市

 経営再建中の中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)が9日発表した令和元年4~6月期連結決算は、最終損益が832億円の赤字だった。517億円の構造改革費用を特別損失として計上したことで、赤字幅は前年同期の17億円から大幅に拡大した。この結果、6月末の自己資本比率はマイナス19・3%となり、772億円の債務超過に陥った。

 JDIは9日夕に予定していた資本業務提携契約を結んだ中国ファンドなどとの共同記者会見を急遽(きゅうきょ)中止すると発表。次期社長の菊岡稔常務執行役員は同日、東京都内で開かれた決算説明会で、中止の理由について「先方(ファンド側の代表)の来日がかなわなかった。もともと記者会見を開きたくないということではなく、健康上の理由もあった」と明らかにしたが、詳細については「これ以上コメントしたくない」として説明を拒否した。

 売上高は前年同期比12・5%減の904億円、本業のもうけを示す営業損益は274億円の赤字だった。主要取引先である米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売低迷や米中貿易摩擦などが響き、スマホ向け液晶パネルが不振だった。車載用も中国や欧米での自動車販売の減少の影響で売り上げが減った。7月から稼働を一時休止している白山工場(石川県白山市)の514億円分の減損処理も最終損益を押し下げた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ