PR

ニュース 経済

絶大な人気に納得! セイコーアストロン最新作の5Xシリーズを試着

ハイスペックな機能とどんなコーディネートにも合うデザインで人気の5Xシリーズ
ハイスペックな機能とどんなコーディネートにも合うデザインで人気の5Xシリーズ

 世界初のGPSソーラーウオッチとして2012年に誕生した「セイコー アストロン」。その中でも、最短3秒で時刻情報を取得する高速タイムゾーン修整機能などの最高性能を誇るのが「5X」シリーズです。

 セイコー アストロンからさらなる進化を遂げた5Xシリーズが登場

 実際の使用感を試すべく、産経ネットショップの担当バイヤー(37)が「アストロン5Xシリーズ チタンモデル SBXC003」を数日間、着用してみました。

 最初に驚いたのがガラスの透明感。まるでガラスがないと思わせるほどクリアで、室内の蛍光灯や屋外の太陽光の下でも光の反射をほぼ感じません。立体的な金属インデックスと力強い時分針で瞬時に時刻が読み取れます。

 GPSソーラーウオッチは「ごつい」という印象が強かったのですが、そのイメージは着用してすぐに覆りました。以前の8Xシリーズに比べてケース体積が15%サイズダウンし、「世界最小、最薄のGPSソーラーウオッチ」というだけあって、スーツや長袖シャツでも邪魔に感じず、着けたままパソコンを使っていても違和感はありません。細目の腕にも目立ち過ぎず、袖口から覗くフェイスは高級感抜群です。重さは約105グラムですが、それほど気になりません。

 便利に感じた機能が、ベルトの長さを簡単に調整できる「スマートアジャスター」。ブレスレッドのバックルに付いているボタンを押しながらスライドさせると、長短それぞれ半コマ分調整できます。季節や体調の変化などで、腕周りのサイズは意外と変わるもの。ユーザーへの気遣いを感じる機能です。

 GPSソーラーウオッチというと、その機能面から仕事のシーンで使用する機会が多い印象でしたが、ちょっとラフな半袖ポロシャツはもちろん、デニムにTシャツといったカジュアルなコーディネートにも合わせやすいと感じました。むしろアストロンを着けることで腕元に高級感がプラスされ、グッと大人っぽくコーデが格上げされます。

 約1カ月、着用しましたが、セイコー独自の自動時刻修正機能「スマートセンサー」で時刻のズレはもちろんありませんでした。日常使いの擦り傷や小傷もほぼ付いておらず、本来の美しい輝きに変わりはありません。

 残念ながら使う機会はなかったのですが、海外出張や海外の取引先がいる場合、現地時間を瞬時に把握できる「タイムトランスファー」など、まだまだ紹介しきれない機能がたくさんあります。

 5Xシリーズはハイスペックな機能だけでなく、ユーザーに寄り添った使いやすさ、オン、オフどちらのコーディネートにも合うスタイリッシュなデザイン性を備えており、高価格でありながら国内外で絶大な人気を誇るのも納得しました。

 産経ネットショップではシリコン替えバンド付の800本限定2019年サマーモデル「SBXC027」(29万1600円)のほか、ツートンカラーのサファイアガラスベゼルリングやチタンブレスレットの一部にセラミックスを用いたコアショップ限定の「SBXC009」「SBXC011」(29万1600円)、オールブラックのチタンモデル「SBXC037」(27万円)などを販売中です。

 夏のボーナスや増税前に腕時計を新調しようとしている方は候補として考えてみてはいかがでしょうか。価格はすべて税込み。送料無料。価格や仕様などの情報は掲載日時点のものです。

産経netShop

セイコー アストロン 5Xシリーズ チタンモデル SBXC027 800本限定 セイコー アストロン 5Xシリーズ チタンモデル SBXC027 800本限定 セイコー アストロン 5Xシリーズ チタンモデル SBXC009 コアショップ限定 セイコー アストロン 5Xシリーズ チタンモデル SBXC009 コアショップ限定 セイコー アストロン 5Xシリーズ チタンモデル SBXC011 コアショップ限定 セイコー アストロン 5Xシリーズ チタンモデル SBXC011 コアショップ限定 セイコー アストロン 5Xシリーズ オールブラック チタンモデル SBXC037 セイコー アストロン 5Xシリーズ オールブラック チタンモデル SBXC037 セイコー アストロン 5Xシリーズ チタンモデル SBXC006 セイコー アストロン 5Xシリーズ チタンモデル SBXC006 セイコー アストロン 5Xシリーズ チタンモデル SBXC003 セイコー アストロン 5Xシリーズ チタンモデル SBXC003

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ