ニュース 経済

「美と技術の融合」で市場リード スマホ世界ブランドのオッポ、日本で本格展開

 世界市場のスマートフォン出荷台数でトップ5に名を連ねる中国のオッポ(OPPO)が、日本市場で本格展開に乗り出した。先進技術を取り入れた斬新で革新的なデザインの商品をいち早く市場に投入するスピード経営が同社の強みだ。新ブランド「Reno(リノ)」の第1弾として、10倍ハイブリッドズームとピボットライジングカメラを搭載した「Reno10x Zoom」を7月12日に発売するなど、日本でも存在感を増している。

新製品「Reno10x Zoom」発表会
新製品「Reno10x Zoom」発表会
その他の写真を見る(1/5枚)

「安かろう」のイメージ変える革新的なモノづくり

 IT調査専門会社IDCの調べによると、オッポは2018年のスマートフォン出荷台数は、世界5位で、シェア8%超を占めた。中国の市場調査会社Sino Market Researchによると、2018年の中国国内での売り上げ台数はトップを誇る。

 オッポが世界市場で認められている背景には、「独自のデザイン、先進的な技術を駆使して、ユーザーニーズに徹底的に応えていく」という使命を貫き、技術と美を融合させた商品を世に送り出していることがある。

左:2008年発売「A103 Smiley Face(スマイリーフェイス)」 右:2018年発売「Find X(ファインドエックス)」
左:2008年発売「A103 Smiley Face(スマイリーフェイス)」 右:2018年発売「Find X(ファインドエックス)」
その他の写真を見る(2/5枚)

 2008年にスマートフォン事業に参入して以来、「先進性」「独自性」「美しさ」の3つを体現する唯一のブランドを目指して、革新的な商品づくりに挑戦してきた歴史がある。最初のフィーチャーフォン「A103 Smiley Face(スマイリーフェイス)」から、かつてない画面占有率と端末上部に納められたカメラなど、数々の最先端テクノロジーを搭載した「Find X(ファインドエックス)」まで、先進的な技術を駆使し、ユーザーの心を動かしワクワクさせる商品と体験を提供してきた。

ニーズを汲み取る洞察力、短期間に商品化し、タイムリーに投入

 開発から生産まで自社で一貫して行い、短期間での商品を市場投入できる機動力と、充実した販売網を持ち、ユーザーに最適なスマートフォン体験を提供するニーズを見出す洞察力も備えている。海外市場の開拓を強化し、現在は40カ国近くの市場で展開している。欧州初の5G(第五世代移動通信システム)に対応したスマホ「Reno 5G」をすでに発表するなど、先進技術で市場をリードしている。

チューリッヒで行われたSwisscomとの5Gローンチイベント
チューリッヒで行われたSwisscomとの5Gローンチイベント
その他の写真を見る(3/5枚)

 オッポのスマートフォンを手にした世界のユーザーは、「中国製品は、低価格だけが魅力」というステレオタイプのイメージを根底から覆されてきた。スペインのサッカーのFCバルセロナのオフィシャルパートナーになったり、テニスのウインブルドン選手権初の公式スマートフォンパートナーになったりするなど、「世界一流」とのコラボレーションを通じ、ブランドイメージも高めている。

 そのオッポが、日本に本格進出したのは2018年。「美しいデザインと技術力」を掲げるオッポは、家電市場で多くの革新的な商品を生み出してきた歴史を持つ日本企業に「学ぶ」という姿勢を持っている。特に信頼性が重視される日本市場で成功するには、「誠実に仕事を行い、消費者の方に信頼されること、 同時に協業するパートナーや従業員からの信頼も重要と考えております。 短期的な利益に焦点をあてるのでなく、消費者や従業員、パートナーと中長期の目線で相互の信頼、相互の利益、双方が発展するという長期的なパートナーとして一緒に成長する“三方良し”が必須である」と語っている。

新ブランド「Reno」の投入で、日本のユーザーに選択肢を提供したい

 日本進出2年目となる2019年、日本法人のオッポジャパンは、革新的なデザインとテクノロジーでユーザーのクリエイティビティを刺激する新ブランド「Reno」を日本市場で展開する。

 世界中の若いクリエイティブな人々のためにデザインされた「Reno」。SNS世代が表現力を存分に発揮することを推進するシリーズとして展開されており、OPPOの革新的な若いDNAを代表するシリーズである。

Reno10x Zoom
Reno10x Zoom
その他の写真を見る(4/5枚)

 その第1弾のスマートフォンとして、ハイブリッド10倍ズームとピボットライジングカメラを搭載した「Reno 10x Zoom(メーカー小売希望価格9万9880円、税別)」を7月12日から順次販売を開始している。

 「Reno 10x Zoom」は、現在世界に流通しているスマートフォンでは最高水準のカメラズーム技術を搭載した。さらに、革新的な斜め上にリフトアップする構造のピボットライジングカメラを採用し、画面占有率93.1%の全画面スクリーンを実現した。

リフトアップする構造のピボットライジングカメラ
リフトアップする構造のピボットライジングカメラ
その他の写真を見る(5/5枚)

 オッポジャパンの鄧宇辰(トウ・ウシン)社長は「成熟した国々でもオッポの商品が受け入れられており、ブランド認知度は高まってきた。日本でより精進し、皆様に選んでいただけるブランドになりたい」と話している。

OPPOブランドサイトはこちら

提供:オッポジャパン株式会社

ランキング