PR

ニュース 経済

楽天市場の送料無料、3980円以上で統一へ

 楽天は1日、運営する通販サイト「楽天市場」の全店舗での買い物で、送料が無料になる基準を購買額3980円以上に統一すると発表した。来年2月にも開始する。全店舗で一律の送料基準を設けることで、商品の価格を分かりやすくするのが狙い。

 離島を含む日本全域で導入する。メール便と縦、横、高さの合計が160センチ以内の宅配便が対象で、冷蔵・冷凍のクール便や大型宅配便は対象外となる。

 出店者は楽天の物流網を活用したり、商品の価格に転嫁したりして、費用を負担する。3980円以下であれば、独自の無料基準を設けることもできる。

 現在は店舗ごとに送料無料の基準が異なり、利用者からは分かりにくいなどとの不満が出ていた。楽天が実施した実証実験では、送料無料の基準を設けることで、購買額が約15%向上したという。

 三木谷浩史会長兼社長は横浜市内で開催した出店者向けの講演で「出店者とともに顧客満足をどう上げるかが楽天市場の成長要因だ」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ