PR

ニュース 経済

【好評につき!第2回“プラセンタ”に関する意識調査】女性が使ってみたいと思う美容成分はプラセンタに豊富に含まれている?約96%の人が興味を示す「バージンプラセンタ(R)?」に含まれる成分とは?

佳秀工業株式会社
化粧品・健康食品原料メーカーKASYU Biochem(佳秀バイオケム)から、高濃度でありながら安全性を証明した“本物”のプラセンタをご提案。

 プラセンタを用いた化粧品・健康食品を製造販売するKASYU Biochem(佳秀バイオケム)は、30代、40代、50代、60代の女性に対し「スキンケア」に関する意識調査を実施しました。

 「美容」に関する意識は男女で全く異なり、それは美容にかける時間と金額にも顕著に表れています。
ある調査によると、女性が美容にかけるお金は、男性に比べておよそ3倍と言われています。
美容と言っても、それはお肌なのか、髪の毛なのか、それとも体型なのか様々ですが、今回はお肌=スキンケアにフォーカスし、調査を行いました。 では、女性は美容に対してどんな効果を求めているのでしょうか。
今回化粧品・健康食品原料メーカーKASYU Biochem(佳秀バイオケム)http://www.kasyu-biochemistry.com)は、30代、40代、50代、60代の女性(各世代250人以上)の女性を対象に、「スキンケア」に関する意識調査を実施しました。

 【調査概要:「スキンケア」に関する意識調査】
■調査日   :2019年7月2日(火)~ 2019年7月8日(月)
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :1,120人
■調査対象 :30代、40代、50代、60代の女性(各世代250人以上)
■モニター提供元:ゼネラルリサーチ

7割の女性が「美容に興味がある」と回答!普段しているスキンケアは・・・?

 まず、30代、40代、50代、60代の女性(各世代250人以上)全員に「美容に対して興味はありますか?」と質問したところ、7割以上の方が「はい」と回答しており、美容に対する意識が高いことが分かりました。
そこで、「普段どのようなスキンケアをしていますか(複数回答可)」と質問したところ、「保湿ケア」(79.3%)という回答が最も多く、次いで「UVケア」(49.0%)、「美白ケア」(31.8%)、「毛穴ケア」(17.4%)と続きます。
これからますます紫外線が強くなる季節だからこそ、保湿やUVケア、美白ケアといったことが意識的に行われているとも考えられますね。

各スキンケアで気になる箇所は?年代別にまとめてみました

 上項の調査より、普段のスキンケアで特に重視している「保湿ケア」「UVケア」「各世代で特徴的に多かったケア」に対して気になる部位(※)3つを質問してみました。
下記表をご覧ください。

 ※部位(11箇所):おでこ、目尻、目の下、頬(上)、頬(下)、ほうれい線、鼻、鼻の下、口、顎、首

 上記の調査より、40代を過ぎると「ほうれい線」や「目尻」などの保湿ケアが気になる方が多いという傾向がわかりますね。加齢によってシワができたり乾燥したりと、年齢を重ねるごとに気になる部位に変化があるようです。

スキンケアで特に使ってみたい成分は「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「セラミド」に!

 年齢やお悩みによって様々なアプローチ方法がありますが、「スキンケアに対して特に使ってみたい美容成分を教えてください」と質問したところ、「ヒアルロン酸」(34.6%)が最も多く、次いで「コラーゲン」(33.9%)、「セラミド」(17.9%)、「ミネラル」(4.0%)と続きます。
前回調査した「年代別の美容成分利用意向率https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000038401.html)」を見ても、ヒアルロン酸とコラーゲンの割合が高かったことから、ヒアルロン酸・コラーゲンは特に全世代の女性が使ってみたいと感じている成分であることがわかります。

 そこで、使用してみたい理由を質問したところ、「肌のケアに有効そうだから」(53.4%)が最も多く、次いで「よく見る(聞く)から」(21.7%)、「効くと聞いたことがあるから」(17.8%)と続きます。
それぞれの成分に対するイメージや、使用感を見聞きする機会の多さが、使用してみたい理由の大きな要因になっていることが分かりますね。

 上項では、どの世代からももコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどを使ってみたいという意見が多いことがわかりましたが、 実は、上記で挙げられた全ての成分が「プラセンタ」によって与えられるということをご存知でしたか?

 実際に、プラセンタに含まれていると思う美容成分について調査してみると、下記のような結果になりました。

 実は、この上であげられた美容成分は「バージンプラセンタ(R)?」によって与えられる成分なのです。

 「バージンプラセンタ(R)?」には、「ヒアルロン酸」「アミノ酸」「ミネラル」などの様々な成分が含まれています。また、 「ヒアルロン酸」 「コラーゲン」「セラミド」については合成促進効果を確認しています。

 ゆえに、女性が使ってみたい美容成分と、その効果によって得られることがわかります。

 ところであなたは「バージンプラセンタ(R)?」を知っていますか?

 今回の調査で「バージンプラセンタ(R)?」を知っている人は、まだまだ4%ほどしかいませんでしたが、知らないが興味があるという方が約96%だったことから、たくさんの美容素材がある中、女性の多くが興味を持っている素材のひとつであることがわかりますね。

 興味をもたれた方はぜひ下記をご覧ください。

佳秀バイオケムだから提供できる本物のプラセンタ「バージンプラセンタ(R)?」

KASYU Biochem(佳秀バイオケム)のプラセンタは、日本で唯一の「バージンプラセンタ(R)?」であり、国内の優良農場で飼育した豚から娩出した新鮮なSSS(トリプルエス)胎盤のみを使用しております。

 素材本来の有効性を最大限に生かすため、一つひとつ丁寧に成分を抽出し、独自技術HCP法(高濃度細胞液精製法)により生産しています。
プラセンタの有効成分を余すことなく精製することに努め、類まれな高濃度プラセンタエキスを実現しました。

・圧倒的に違う《成分の有効性について》
私たちが開発・製造している化粧品原料「ブタ由来プラセンタエキスKX-1」について、成分分析の結果、アミノ酸(必須アミノ酸)が豊富に含まれていることが確認されています。各種ミネラル(亜鉛・カルシウムなど)やヒアルロン酸も豊富に含まれています。

 また、その有効性について、確認されておりますので、その分析結果を一部ご紹介いたします。

 徹底したウイルス対策など安全性を追求し、成分の有効性を最大限に生かした「バージンプラセンタ(R)?」は、医薬部外品原料規格に則しており、化粧品原料および健康食品原料としてご使用いただけます。

 上記資料拡大版PDF:https://prtimes.jp/a/?f=d38401-20190723-8283.pdf

安全を第一に、当社にしかできない面白い素材をつくること、それがお客様にとって有益であること

 化粧品・健康食品原料メーカーの佳秀バイオケムは、素材に真摯に向き合い、素材の可能性を最大限引き出すために日々研究開発を進めています。こだわりにこだわり抜いた原料が色々な形でお客様に届くことを楽しみにしています。

 HP: http://www.kasyu-biochemistry.com

佳秀工業株式会社が目指すもの

 佳秀工業株式会社は50年にわたり磨き上げたノウハウと最先端の加工技術で新幹線、航空機、医療機器などの部品をつくっているモノづくりのスペシャリスト集団。 さらに、技術開発力を生かしてバイオ産業にも進出している。大学や研究機関との共同研究の成果により、美容健康素材プラセンタを安心安全な状態で高濃度に抽出する独自の製造プロセスを作り上げることに成功し、業界トップクラスの製造管理体制を構築した。 今後も生活の質の向上に貢献することを目指して、佳秀工業株式会社の製品は日々増え続けている。

 【佳秀工業株式会社】
●佳秀工業株式会社:https://kasyu-kogyo.com/
●KASYU Biochem: http://www.kasyu-biochemistry.com
●TEL:0120-102-189(平日9:00~17:00)
●お問い合わせ:http://www.kasyu-biochemistry.com/contacts

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ