PR

ニュース 経済

日通、北海道でトラック自動運転の実証実験

 日本通運は19日、トラックメーカーのUDトラックス(埼玉県上尾市)、ホクレン農業協同組合連合会(札幌市)と共同で、トラックの完全自動化走行である「レベル4」の実証実験を、8月に北海道で始めると発表した。トラックを使う国内でのレベル4の本格実験は初とみられる。

 実験はホクレンの製糖工場内の限られたエリアのみで行われ、公道は使用しない。テンサイの集積所から製糖工場の受け入れ投入口までの約1・3キロを、時速30キロ程度で自動運転する。実験用トラックはUDが1台提供する。ドライバーが安全確保のため同乗するが、操作はしない予定だ。

 物流・運輸業界では人手不足の中で、ドライバー不足が深刻化。このため、公道を使わないケースでの自動運転の普及をまず先行させたい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ