PR

ニュース 経済

訪日客過去最高1663万人 上半期、韓国は5年ぶり減

その他の写真を見る(1/2枚)

 観光庁の田端浩長官は17日の記者会見で、今年上半期(1~6月)の訪日外国人旅行者が推計で前年同期比4・6%増の1663万3600人と、過去最高を更新したと発表した。1月に査証(ビザ)の要件が緩和された中国の個人旅行者が増えたことに加え、日本路線の新規就航や増便などで、ベトナムからの旅行者が大きく伸びた。

 国・地域別では中国が11・7%増の453万2500人でトップ。これに続く韓国は3・8%減の386万2700人と半期では5年ぶりの減少、台湾は1・0%減の248万800人と落ち込んだ。このため全体の増加率は、昨年上半期の15%よりも縮小した。

 田端氏は、今年下半期について「昨年が北海道地震など自然災害の影響で伸び悩んだ分だけ、大幅な伸びが期待できる」と指摘。さらに、ラグビーW杯効果も加わり、通年でも過去最高を更新する可能性が高いとの見方を示した。

 ただ、日本政府による半導体材料の輸出管理強化を受けた日韓関係の悪化で、訪日韓国人旅行者に関し「7月に入り、日本への社員旅行などのキャンセルが報告されている」と説明。今後も減少は不可避の情勢で、令和2年に訪日外国人旅行者4千万人という政府目標達成への影響が懸念される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ