PR

ニュース 経済

JDI、800億円調達にメド 中国ファンドから通知、本業改善なお課題

 JDIは、3月末の自己資本比率が0・9%と債務超過寸前に陥っている。出資受け入れを機に財務体質を改善し、再浮上の弾みとしたい考えだ。

 ただ、ハーベストは中国政府から介入がないことなど、オアシスもJDIの株価が30円を下回らないことなどを支援の条件としており、年内までとする払い込みに流動的な面も残る。 

 一方、売上高の6割超を占めるアップルの端末を含むスマホの販売が鈍化。米中貿易摩擦が激化する中、華為技術(ファーウェイ)制裁の影響も読めない。同社はスマホ向けへの依存度を下げる一方、人員削減や工場の休止を実行する方針だが、本業を成長軌道に戻すことが急務だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ