PR

ニュース 経済

東証、小幅続伸 米株価最高値でも方向感乏しく

 中国需要の減退も相場の重しだ。業種別では、機械・精密や電機の下落が目立った。3~5月期決算が大幅減益となった安川電機は一時5・5%下落した。このほか、保険の不適切販売に揺れるかんぽ生命保険は上場以来初めて時価総額が一時1兆円を割り込んだ。

 今月下旬からは3月期決算企業の4~6月期決算発表が本格化する。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジストは「人件費と運送費、原材料費の3つのコスト増が日本企業の業績圧迫要因となっている」と警戒を呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ