PR

ニュース 経済

大阪造幣局で令和元年硬貨の打ち初め式

打初めされた天皇陛下御即位記念一万円貨幣(左上)、同五百円貨幣(左下)、「令和元年」の五百円貨幣(右上)、百円貨幣(右下)=11日午後、大阪市北区の造幣局(寺口純平撮影)
打初めされた天皇陛下御即位記念一万円貨幣(左上)、同五百円貨幣(左下)、「令和元年」の五百円貨幣(右上)、百円貨幣(右下)=11日午後、大阪市北区の造幣局(寺口純平撮影)

 「令和元年」の文字が刻印された硬貨と、天皇陛下のご即位を祝う記念貨幣の打ち初め式が11日、大阪市北区の造幣局で開かれた。製造が始まったのは五百円と百円の各硬貨と、一万円記念金貨、五百円記念銅貨の4種類。

 打ち初め式には麻生太郎財務相らが出席。製造機械のスタートボタンが押され、令和元年硬貨の第1号が「チャリン」と打ち出された。硬貨を確認した麻生氏は「立派な出来栄え」と満足そうに話した。

 造幣局によると、需要の多い五百円と百円の両硬貨を優先して製造を開始。デザインは同じで、日本銀行に納入後、早ければ今月中に金融機関を通じて出回る。一円など硬貨6種類が出そろうのは10月ごろになる見通し。

 一万円記念金貨は重さ20グラム、直径2・8センチの純金製で、表は「鳳凰(ほうおう)」、裏は菊花紋章がデザインされている。販売価格は14万555円(税・送料込み)で5万枚を発行予定。金貨の申し込み受け付けは今月31日までで10月中旬から発送する。五百円記念銅貨は、10月から金融機関で交換を始める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ