PR

ニュース 経済

特殊縁石でバス乗降バリアフリー化 ブリヂストンなど開発 岡山後楽園から設置

ブリヂストンなどが産学で開発し岡山市内に初設置した「バス停バリアレス縁石」(ブリヂストン提供)
ブリヂストンなどが産学で開発し岡山市内に初設置した「バス停バリアレス縁石」(ブリヂストン提供)

 ブリヂストンや横浜国立大などの産学協同チームは、歩道との隙間をなくして車いすなどでも楽にバスが乗降できる「バス停バリアレス縁石」を開発し、東京都内で10日、技術説明会を開いた。

 コンクリート製品のアドヴァンス(新潟市)、日本交通計画協会も含む4者で開発。縁石は階段状の構造で、バスが歩道に近づくためにタイヤを縁石に接触させても車体との接触は防げるほか、タイヤとの接触部を曲面にして摩耗や衝撃を抑制した。路面側のタイヤ接地面には凹凸を彫り込み、振動によりタイヤが正しく縁石に接触したことが分かるようにもしている。

 これにより段差や隙間が最小化され、車いすやベビーカーもそのまま乗降が可能。岡山市の後楽園前のバス停に6月10日から初導入されており、ブリヂストンの田村大祐ソリューション技術企画部長は「いずれは海外展開もしたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ