PR

ニュース 経済

オリックスがコワーキング、個室両装備のシェアオフィス開設

オリックスが開業したシェアオフィス「クロスオフィス六本木」の1人用個室=10日、東京都港区(平尾孝撮影)
オリックスが開業したシェアオフィス「クロスオフィス六本木」の1人用個室=10日、東京都港区(平尾孝撮影)

 オリックスは10日、東京・六本木にコワーキング、個室タイプの両方を備えたシェアオフィス「クロスオフィス六本木」を開業したと発表した。同社はこれまで、個室タイプのシェアオフィスを中心に展開してきたが、働き方改革などでコワーキングスペースのニーズが高まっているとして、両機能装備型の出店に注力する考えだ。

 クロスオフィス六本木は、地下鉄六本木駅から徒歩2分の立地。個室オフィスは1人用から10人程度までのさまざまなタイプ71室を用意した。コワーキングスペースでは60席分があるが、イスなどは配置変更が可能で、イベントスペースなどとしても使うことができる。

 オリックスではベンチャー企業などの企業の成長に応じて柔軟に対応できるとしている。

 個室タイプが月額12万3千円(税別)から。コワーキングスペースの使用は月額3万円(同)からとなっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ