PR

ニュース 経済

えっ、家が喫茶店になる? 自宅焙煎ができる「ホームロースター」が面白い

 土肥: ほー、面白いですね。

 山: なぜこうした現象が起きるのか。全員が「絶対に売れるよ」といった企画の場合、いろんな声が入ってくるんです。「自分だったらこうするよ」「この機能も搭載したほうがいいよ」といった意見を受け入れることによって、基本コンセプトがブレにブレてしまう。一方、1人だけ「これ、いいよね」と思っている商品の場合、いろいろな声が入ってこないので、基本コンセプトがブレにくい。結果、消費者に分かりやすい商品が生まれてくるんですよね。

 土肥: 「ペヤング」専用のホットプレートの場合でいえば、「ペヤング」に絞っているから、ファンから支持された。もし、「オレ、UFOが好きだから」「ワタシ、一平ちゃん派ね」といった形で、意見を盛り込んでいたらどうなるか? 「カップ焼きそば専用のホットプレート」というネーミングになって、ちょっとぼやけてしまうというわけですね。

カップ焼きそば「ペヤング」専用のホットプレート
カップ焼きそば「ペヤング」専用のホットプレート
その他の写真を見る(6/8枚)

高級食パン専用のトースター

 土肥: たくさんの人の声を聞いたために、いまひとつ売れなかった商品を教えてください。

 山: ピーナッツ・クラブのときに開発した「ケーキカップメーカー」は、かなり苦戦しました。プレートをはさむことによって、食べられる器ができるという商品でして、社内からは「これ、絶対に売れるよ」といった声ばかりでした。他社で同じような商品を出していて、それが売れている。「じゃあ、ウチも製品化すれば、売れるよ」といった安直な考えで企画がスタートし、その後、「この機能も搭載しようよ」といった声を取り入れた結果、さっぱりでした(涙)。

 この失敗事例で、私たちは2つのことを学びました。1つめは、他社製品を真似たような商品を出すのはやめよう。2つめは、全員が同じ方向を向いているときには、基本コンセプトがブレないか注意しよう。結果、ニッチな商品を攻めることになっているのかもしれません。

カップ焼きそば「ペヤング」専用のホットプレート
カップ焼きそば「ペヤング」専用のホットプレート
その他の写真を見る(7/8枚)

 土肥: ふむふむ。最後に、今後のことを聞かせてください。ホームロースターの第二弾を考えているのでしょうか? また、いまどんな商品を企画しているのでしょうか?

 山: 発売時期は未定ですが、ホームロースターの第二弾を考えています。今回発売するのは、機能がシンプルなんですよね。「深煎り」と「中煎り」の2モードしか搭載していませんが、第二弾では8モードを予定しているので、より本格的な焙煎機を好む人向けです。

 このほかに、高級食パンをできるだけ早く、もっとおいしく食べることができるトースターを開発しています。数年ほど前から、高級食パンがブームになっていますが、早く焼くことができれば、そのぶん水分を逃がさない。結果的に、よりふわふわした食感を維持したパンを食べることができる。こうした基本コンセプトの商品を実現できればなあと。

 土肥: 企画は「ふわふわ」していませんねえ。“すぐに売れて、おいしい商品”になるかどうか注目しています。本日はありがとうございました。

 (終わり)(ITmedia ビジネスオンライン)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ