PR

ニュース 経済

えっ、家が喫茶店になる? 自宅焙煎ができる「ホームロースター」が面白い

 淹(い)れ方や道具によって、風味が変わる飲み物といえば、なーんだ。世の中にはいろいろな飲料があるので、あれもこれも浮かぶ人がいるかもしれないが、記者は「コーヒー」の姿が浮かんだ。

 香りを楽しむために「コーヒーミル」で豆をひいたり、手軽に味わうために「ペーパードリップ」で淹れたり。最高の一杯を飲むために、さまざまな道具をそろえているかもしれないが、どうしてもあのアイテムを手にすることができず、いまひとつしっくりきていない人もいるはず。「焙煎機」だ。

 コーヒーを極めようとすると、結局のところ「焙煎」にたどり着く。なぜならコーヒーの生豆をどういるかが、味の良し悪しを左右するからだ。だが、しかしである。焙煎機のサイズは大きくて、価格が高い。家のスペースや財布の懐具合などによって、あきらめる人は多い。そんな人に、気になる商品が登場した。

 大阪の家電メーカー「ライソン」が開発した「HOME ROASTER RT-01(ホームロースター)」である。サイズは電気ケトルくらいで、価格は2万1600円(税込)。「これなら家でも焙煎できる」と思った人が多かったようで、クラウドファンディングで公開したところ、目標金額300万円に対し、5400万円ほどが集まった。

 喫茶店やカフェなどで「自家焙煎」という文言をよく目にするが、「自宅焙煎」を楽しめるホームロースーターはどのようにして開発されたのか。また、カップ焼きそば「ペヤング」専用ホットプレートを開発して、世間を驚かせた同社は、なぜユニークな商品を次から次に世に送り出せるのか。この2つの疑問について、同社の山俊介社長に聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

ライソンの山俊介社長
ライソンの山俊介社長
その他の写真を見る(1/8枚)

コーヒー焙煎機をつくろうと思ったきっかけ

 土肥: 市場にはまだ出回っていないけれど、人によっては「こんな商品が欲しいなあ」と感じるモノってありますよね。例えば、コーヒーの焙煎機。コーヒー好きの人にとっては、「家に一台、欲しいなあ」と思っても、なかなか手にすることができません。なぜならサイズが大きくて、価格が高いから。そんな不満を解消するような商品を、大阪の家電メーカー「ライソン」が開発しました。その名は「ホームロースター」。

 大きさは電気ケトルくらいで、価格は2万円ほど。クラウドファンディングで公開したところ、目標金額の20倍ほどの資金が集まったので、この数字を見るだけでも、多くのコーヒーが注目していることがうかがえますよね。ただ、個人的に気になったのは、ホームロースターの構造なんです。ポップコーンメーカーの仕組みを応用しているそうですが、そもそもどういったきっかけでコーヒーの焙煎機をつくろうと思ったのでしょうか?

ポップコーンメーカー PN-01
ポップコーンメーカー PN-01
その他の写真を見る(2/8枚)

 山: その話をする前に、会社の歴史を紹介させてください。当社は2018年5月に創業しました。1971年に吉名電工を立ち上げ、その後、社名をピーナッツ・クラブに変更。アミューズメント施設や家電量販店向けに商品の企画やデザインなどを手掛けてきたのですが、自社ブランドを立ち上げるために、家電事業を分割したのが「ライソン」になるんですよね。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ