PR

ニュース 経済

対韓輸出規制の強化措置、4日に発動 半導体材料3品目

世耕弘成経産相は「撤回は考えていない」と語る
世耕弘成経産相は「撤回は考えていない」と語る

 政府は4日、韓国に対する半導体材料の輸出規制の強化措置を発動し、3品目の輸出に際し個別に審査をしていく。企業ごとに一定期間を定めて包括的に許可を与えてきたが、今後は、出荷ごとに政府への申請が必要になる。審査に90日程度かかるため、在庫が1カ月分程度しかないとされる韓国半導体メーカーの生産が滞る可能性がある。

 外国為替および外国貿易法(外為法)に基づく規制の強化で、いわゆる徴用工問題で日本の再三の要請に対し韓国が誠意ある対応を示さないことへの事実上の対抗措置となる。

 3品目は、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレーに使われるフッ化ポリイミド、半導体の基板に塗る感光剤のレジスト、半導体の洗浄に使うエッチングガス(高純度フッ化水素)。世耕弘成経済産業相は3日、「安全保障上の輸出管理としての措置。撤回は考えていない」と述べた。

 今後、外為法の優遇制度で27カ国が指定されている「ホワイト国」から韓国を除外する。24日までパブリックコメントを行い、8月中に政令改正で対応する。軍事転用の恐れがある製品輸出は許可が必要となる。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ