PR

ニュース 経済

「大阪サミットでも美しい調和を」首相G20全体会合冒頭発言全文

ワーキングランチ冒頭で発言する安倍晋三首相=28日午後0時37分、大阪市住之江区(鴨川一也撮影)
ワーキングランチ冒頭で発言する安倍晋三首相=28日午後0時37分、大阪市住之江区(鴨川一也撮影)

 安倍晋三首相は28日午後、世界経済・貿易をテーマにした20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の最初の全体会合で、新しい元号「令和」の意味は「美しい調和」だと説明し、各国・機関の首脳の協力を得ながら「大阪サミットでも美しい調和を実現したい」と述べた。

 首相の冒頭発言の全文は次の通り。

 皆さまを大阪に歓迎いたします。本年、日本では天皇陛下が即位され、令和の新しい時代を迎えました。この記念すべき年にG20サミットを日本で開催でき大変うれしく思います。

 令和の意味は美しい調和、beautiful harmony。お集まりの首脳の協力を得て、大阪サミットでも美しい調和を実現したいと思います。

 ここ大阪は古くから公益によって栄えた商人の街であり、自由を尊び、イノベーションを生み出す進取の気風に富む大阪の「やってみなはれ」精神をもって、大阪から世界に新しいメッセージを発信してきましょう。

 今回のG20大阪サミットでは対立を際立たせるのではなく、互いの共通点を見いだし、ウインウインで持続可能な世界を実現するサミットとしたいと思います。そのため、第一に自由貿易やイノベーションなどを通じ、世界経済の力強い成長を牽引(けんいん)していく。同時に格差への対処を通じて、成長と分配の好循環を創出し、あらゆる主体が活躍できる社会を実現していく。

 第二にG20域内にとどまらず、開発・地球規模課題への貢献を通じ、包括的かつ持続可能な世界を目指したいと思います。

 それでは、第1セッションでは世界経済および貿易・投資について議論したいと思います。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ