PR

ニュース 経済

好調な風邪薬、医療機関の「連休」が影響か 乗り物の酔い止めは、早めに準備?

株式会社インテージホールディングス
2019年5月度 市販薬(OTC)市場 薬効別ランキング

 株式会社インテージヘルスケア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仁司与志矢、以下インテージヘルスケア)は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2019年5月度 市販薬(※1)市場 薬効別ランキング」を発表しました。
※1 市販薬:ドラッグストアや薬局で販売される一般用医薬品(OTC)のこと。当社データは指定医薬部外品を含みます。

 --------------------------------------------------------------
5月度の販売金額945億円前年同月比101.0%、4か月ぶりプラス転じた市販薬市場の販売金額推移」
--------------------------------------------------------------

 5月の市販薬の市場規模は945億円、前年同月と比べると101.0%でした。今年の5月は過去5年間の5月の平均を100とした場合の指数で見ると104.0で、かつ販売金額が最も大きい結果となりました。

 --------------------------------------------------------------
好調だった風邪関連薬は、史上初の10連休影響「好調薬効トップ5、不調薬効ワースト5(金額前年同月差)」
--------------------------------------------------------------

 今年の連休では、例年と比較すると特徴的に売上を伸ばした薬効がありました。
総合感冒薬は、5月は前年同月差プラス3.6億円、4~5月累計ではプラス8.3億と非常に好調でした。週次データで見ると、4/29と5/6の週で風邪関連の各薬効(※2)が前年実績を大きく上回っていることから、10連休で多くの医療機関が休業していたことが影響し、風邪の諸症状に市販薬で対処していた様子がうかがわれます。
※2 総合感冒薬、鎮咳去痰剤(咳・痰などの症状の緩和)、口腔用薬(のどスプレーやトローチなど)

 また、鎮暈剤(乗り物の酔い止め)については、連休前の4/22と29の週で前年実績を大きく上回りました。旅行などでの乗り物による移動に備え、早めに購買した人が多かったものと考えられます。

 一方、目薬やビタミンB1剤などの、訪日観光客に人気のあるブランドでは、前年差マイナスとなったものが多くみられました。かつての「爆買い」と言われた勢いは、今や弱まっている傾向が見られます。

◆SDI(全国一般用医薬品パネル調査)◆1960年調査開始 ※2018年4月度から調査設計を変更しました
対象業態:OTC医薬品を販売しているドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター・ディスカウントストア
エリア:全国
調査店舗数:3,245店舗
データ収集方法:POSデータのオンライン収集
対象カテゴリー:医薬品、指定医薬部外品
 (対象カテゴリーのバーコードが付与されている商品のみ)
調査項目:各店舗におけるバーコード別の販売年月日、販売個数、販売金額など

【株式会社インテージヘルスケア】 https://www.intage-healthcare.co.jp/
株式会社インテージヘルスケアは、ヘルスケア領域のマーケティングリサーチおよび医薬品開発・製造販売後調査・安全性業務支援をコアビジネスと位置付けています。インテージグループのヘルスケア領域を担う各社※と一体となり、ソリューションを提供。それにより、ヘルスケア領域のあらゆる課題に対して、「医療消費者」起点のデータの価値化による、最適な意思決定をサポートしていきます。
インテージヘルスケアは2019年4月、株式会社アスクレップと株式会社アンテリオが経営統合し、スタートしました。
※ 株式会社協和企画、株式会社医療情報総合研究所、株式会社プラメド、Plamed Korea Co., Ltd.

【報道関係のお問い合わせ先】
■株式会社インテージヘルスケア
経営企画部 企画・広報グループ 林(はやし)
TEL:03-5294-8393(代)
お問い合わせ: pr-ihc@intage.com

【本調査に関するお問い合せ先】
■株式会社インテージヘルスケア
コンシューマーヘルスケア・ソリューション部
担当:草間(くさま)
TEL:03-5294-8393(代)
「お問合せフォーム」https://www.intage-healthcare.co.jp/contact/service/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ