PR

ニュース 経済

スパコン世界ランク、米3連覇 日本は「ABCI」8位が最高

米オークリッジ国立研究所のスパコン「サミット」(同研究所提供)
米オークリッジ国立研究所のスパコン「サミット」(同研究所提供)

 スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が17日発表され、米国が3連覇を果たした。日本からは産業技術総合研究所の「AI橋渡しクラウド(ABCI)」(千葉県柏市)が前回から順位を1つ落として8位に入った。

 首位は米オークリッジ国立研究所の「サミット」で、計算速度は毎秒14京回以上(京は1兆の1万倍)。2位は米ローレンスリバモア国立研究所の「シエラ」、3位は中国・無錫スパコンセンターの「神威太湖之光」で、いずれも昨年11月の前回発表と同じだった。

 10位以内に入った新機種は5位の米テキサス大の「フロンテラ」のみ。前回11位だったローレンスリバモア国立研究所の「ラッセン」はシステムを拡充して10位に入った。

 日本はほかに東京大・筑波大の「オークフォレスト・パックス」(千葉県柏市)が前回の14位から16位に、理化学研究所の「京(けい)」(神戸市)が前回の18位から20位に後退した。

 京は今年8月に運用が停止される予定で、理研の計算科学研究センターから撤去された跡には、後継機の「富岳」が設置される。富岳は2021年の供用開始を目指しており、11年の京以来となる世界ランク首位奪還が期待される。

 主なスパコンの順位と計算速度(1秒間の浮動小数点計算回数、京は1兆の1万倍)は以下の通り。

(1)米オークリッジ国立研究所「サミット」 14京8600兆回

(2)米ローレンスリバモア国立研究所「シエラ」 9京4640兆回

(3)中国・無錫スパコンセンター「神威太湖之光」 9京3014兆回

(4)中国・広州スパコンセンター「天河2A」 6京1444兆回

(5)米テキサス大学「フロンテラ」 2京3516兆回

(6)スイス・国立スパコンセンター「ピーツ・ダイント」 2京1230兆回

(7)米ロスアラモス国立研究所「トリニティー」 2京158兆回

(8)産業技術総合研究所「AI橋渡しクラウド(ABCI)」 1京9880兆回

(9)独ライプニッツ研究センター「スーパーMUC-NG」 1京9476兆回

(10)米ローレンスリバモア国立研究所「ラッセン」 1京8200兆回

(16)東京大・筑波大「オークフォレスト・パックス」 1京3554兆回

(20)理化学研究所「京」 1京510兆回

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ