PR

ニュース 経済

日産、ルノーに2枠用意 委員会人事で譲歩へ

会見に臨むルノーのスナール会長(左)と、日産自動車の西川広人社長=3月12日(AP)
会見に臨むルノーのスナール会長(左)と、日産自動車の西川広人社長=3月12日(AP)

 仏自動車大手ルノーが、25日の日産自動車の定時株主総会で指名委員会等設置会社に移行するための議案の採決を棄権する意向を示したことを受け、日産がルノーに複数の委員枠を用意する方向で調整に入ったことが14日、分かった。日産株を43%保有するルノーが棄権に回れば否決は確実なため、一定の譲歩はやむを得ないとの判断に傾いた。

 日産の取締役にはルノーから、既に就任しているジャンドミニク・スナール会長に加え、25日の総会でティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)も選任される予定。日産は、指名委等設置会社移行後に置く「指名」「監査」「報酬」の3委員会の委員には、スナール氏だけに就いてもらう考えだった。

 だが、指名委等設置会社への移行議案を総会で通すため、ルノーの要求に応じてボロレ氏にもポストを与え、2つの委員会でルノーの人材を委員に充てる方向になった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ