PR

ニュース 経済

国華産業社長「船員が飛来物目撃」 ホルムズ海峡砲撃「魚雷考えられぬ」

記者会見で、タンカーの写真を指さし説明する国華産業の堅田豊社長=14日午後、東京都千代田区
記者会見で、タンカーの写真を指さし説明する国華産業の堅田豊社長=14日午後、東京都千代田区

 イラン沖のホルムズ海峡付近で起きた日本などのタンカー2隻への攻撃に関し、国華産業の堅田(かただ)豊社長は14日記者会見し、タンカーが2回にわたり攻撃を受けたとしたうえで、2回目について「船員が『飛来物を見た』と言っている」とし、魚雷による攻撃との見方は「考えられない」とした。

 攻撃を受けたタンカーは現在、アラブ首長国連邦のコールファッカンに向けて小型の船で曳航(えいこう)中で、船内には船員が再乗船して予備電源などの復旧作業中。同社は付近にいる大型の船にも曳航を依頼しているという。また、積み荷は許可が得られ次第、港で積み替える。

 堅田社長は今後のホルムズ海峡での船舶運航について「ペルシャ湾が閉鎖されない限りは、船員の同意を得ながら運航を続ける」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ