PR

ニュース 経済

東証、日産に改善報告書求める 「企業行動規範の順守すべき事項に違反」

 日産自動車の前会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン被告が役員報酬を実際よりも少なく有価証券報告書に記載していた事件など一連の問題を受け、東京証券取引所は13日、日産に対し、改善報告書の提出を求めたと発表した。提出期限は今月27日。

 東証は「企業行動規範の順守すべき事項に違反し、改善の必要性が高いと認められる」として、日産に対し、問題の経緯や改善措置をまとめた報告書の提出を求めた。また、「内部管理体制が不十分だった状態などを総合的に勘案すれば、公表を要するものと認められる」として、企業の問題行動を投資家に知らせる公表措置も併せて実施した。

 日本取引所グループ(JPX)の傘下で、東京証券取引所とは別組織の日本取引所自主規制法人の審査結果に基づいて決定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ