PR

ニュース 経済

【経済インサイド】プラごみの“元凶”ペットボトル リサイクルや削減でしのぎ

 一方、政府は海洋プラスチックごみ削減に向けた行動計画で、ペットボトルの100%リサイクルに努めることを明記した。

 日本コカ・コーラは、令和12年(2030)年までに、販売量と同等の容器を回収することをグローバル目標に掲げ、海ごみ対策につなげる。日本財団とともに、プラごみが河川から海へ流出するメカニズムについての共同調査も実施。G20首脳会合にあわせて6月中にも中間報告をまとめる計画だ。

 また、ペットボトルの海ごみ問題は、東南アジアなど海外でより深刻とされている。このためサントリーは、これらの地域の自治体や業界と共同で容器を回収する仕組みの構築を進め、ペットボトルによる飲料販売を世界で継続できる環境づくりに取り組むとしている。(経済本部 吉村英輝、村田直哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ