PR

ニュース 経済

【プロが指南 就活の極意】「面接官の立場に立つことの重要性」

就職活動の採用面接に臨む学生たち
就職活動の採用面接に臨む学生たち

 「相手の立場になって行動する」-。日常生活でも大切な要素ですが、就職活動においても大切です。なぜなら就職活動には「採用」を決定する人(面接官)が存在するからです。自分のことを一方的にアピールしても、相手が評価しなければ良い結果は得られません。

 しかし、相手の立場に立つということは、企業と接点が少ない学生にとって非常に難しいものです。企業によって欲しい人材は異なるため、企業が開催するセミナーへの参加やインターンシップ、OB・OG訪問などで企業がどのような学生を求めているのかを見つけてほしいと思います。

 今回は就職活動で避けては通れないエントリーシートと面接について、企業側が最低限、求めているものは何かについてお伝えします。

エントリーシートの場合

 基本的なことかもしれませんが、記入枠は隙間なく埋め、文字数が指定されている場合は9割以上書くようにしましょう。それだけでも企業に「やる気」が伝わります。また、エントリーシート全体を通して、「自分自身はどのような人なのか」ということが分かるようにしましょう。そのため、事実の説明ではなく自分の感情や考えを文章で言語化し、伝えるようにしてください。

 エントリーシートで大切なのは他人に負けない部分、自身の魅力を最大限にアピールすることです。ですので、アピールポイントを多く書くと全体的に内容が薄くなるため、一つのエピソードや自身の最大の魅力を取り上げて、それについて詳しく書いてください。

面接の場合

 面接では「自身の人柄」「その会社に入りたいという熱意」について、エントリーシートより一層詳しく見られます。しかし、集団面接では、普通はしていない経験や素晴らしい経歴を持った学生と一緒になってしまうと、自分を見失って自身を表現できなくなってしまいます。それでは良い結果は得られません。

 社会人を採用する中途採用と異なり、新卒採用は「ポテンシャル」を重視する傾向が強いです。そのため、現在の能力だけでなく今後の“伸びしろ”を評価します。取り組んできた事実だけでなく、自分の考えや思いも伝えるようにしましょう。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ