PR

ニュース 経済

高級家具、晴れ着、ランドセル…増税前に“駆け込み消費”で注文殺到

 10月に予定される消費税増税前の駆け込み消費が、一部高級品で起きている。顧客の注文を受け生産する商品は、引き渡しに3カ月ほどかかることが多いため、今のうちに購入を決めないと10月以降の引き渡しとなり、増税で割高となるためだ。百貨店やメーカーは、駆け込み需要を逃すまいと対策に着手。一方、「今だけお得」などと駆け込み需要をあおり、事実と異なる宣伝をした場合、行政処分の対象になり得るため注意が必要だ。

高額商品に殺到

 西武池袋本店(東京都豊島区)は例年7月に開催する高額家具催事「ブランドファニチャーフェア」の日程を、先月22~26日に約2カ月前倒しした。受注生産が中心の高級輸入家具は注文から納品まで平均3~4カ月かかり、消費税増税の影響を受けるためだ。

 また高額な商品の方がより節税効果が高いため、1千万円を超えるイタリア製の仏壇を筆頭に、高額商品の品ぞろえを厚くした。メーカー側も、イタリアの高級家具「カッシーナ」が、一部商品の在庫を積み増して短納期に対応できる態勢を敷くなど、駆け込み需要に備えた。

 晴れ着も駆け込み需要にわいている。東武百貨店池袋本店(豊島区)では、通常秋頃からの購入が多い成人式用の振り袖の売り上げが、今年1~4月で前年比3倍超に。特に200万円を超える高額品の売れ行きが好調という。日本橋高島屋(中央区)でも、4月末からの大型連休中の晴れ着の売り上げが、前年同期比5割増となった。

 ランドセルメーカーの協和(千代田区)でも、色やデザインなどの好みを受けて職人が仕上げるオーダーメード商品(6万円台)の注文が相次ぐ。例年は秋口に注文が多いが、納入まで2~3カ月かかるため、増税前に引き渡しを受けようとした動きだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ