PR

ニュース 経済

MRJ、名称を「スペースジェット」に 「三菱」外し刷新

三菱航空機のMRJ(共同)
三菱航空機のMRJ(共同)

 三菱航空機(愛知県豊山町)が、開発中の国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の名称を「スペースジェット」に変更する方針を固めたことが29日、分かった。MRJは当初計画より開発が大幅に遅れている。名称から「三菱」を外してイメージを刷新し、顧客へのアピールを強める。

 現在手掛けている90席級に加えて、一回り小さい70席級の開発にも本格的に着手。航空機の最大市場である北米で需要が見込める小型のジェット機にも注力する。

 MRJは、三菱航空機の親会社、三菱重工業が平成20(2008)年に事業化を決定。初号機の納入は25年を予定していたが、安全性向上のための設計変更などで納期を5度にわたって延期した。現在は令和2(2020)年半ばに90席級の機体を納入するとしている。現在は約400機を受注している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ