PR

ニュース 経済

東京ディズニーシーの新エリア名は「ファンタジースプリングス」

東京ディズニーシーに2022年度開業予定の「アナと雪の女王」をテーマとしたエリアのイメージ
東京ディズニーシーに2022年度開業予定の「アナと雪の女王」をテーマとしたエリアのイメージ
その他の写真を見る(1/12枚)

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは21日、開発中の東京ディズニーシー(TDS)新エリアの名称を「ファンタジースプリングス」とすると発表した。TDRの追加投資として過去最大の約2500億円を投じ、令和4(2022)年度の開業を目指す大規模プロジェクトだ。

 同日の起工式後の記者会見には、オリエンタルランドの加賀見俊夫会長兼最高経営責任者(CEO)や、ウォルト・ディズニー・カンパニーのロバート・A・アイガー会長兼CEOも出席。加賀見氏は「新たなファンタジー空間が加わることで、新しい体験を提供できる」と述べた。

 TDS8番目となる新エリアのファンタジースプリングスは、ディズニー映画の「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」を題材にした3つのエリアで構成され、4つのアトラクションのほか、レストランやショップ、ディズニーホテルが備わる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ