PR

ニュース 経済

パワハラ発生リスクを予測 ソフトバンク子会社など

 ソフトバンク子会社で人事関連サービスを提供するSBアットワーク(東京都港区)は20日、ハラスメント対策支援のコンサルタント会社、クオレ・シー・キューブ(新宿区)と共同で、企業や団体におけるパワーハラスメントの発生リスクを予測するサービス「ウェルネスアイプラス」を開発したと発表した。

 SBアットワークが提供している、選択形式の質問に回答することで従業員のストレスチェックができる企業向けサービス「ウェルネスアイ」に、クオレなどが作成した組織の風土や上司のマネジメントスタイルなどについての質問を追加。回答内容などからパワハラの発生リスクを予測するという。

 今年中に企業に試験提供した上で、来年から本格的に販売を始める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ