PR

ニュース 経済

量子コンピューター小型・実用化へ前進 東大チーム、心臓部を開発

 量子コンピューターの計算では、光子を「量子もつれ」と呼ばれる特別な状態にする必要がある。古沢氏らは、光の透過率を瞬時に切り替えられる結晶などを使って、さまざまな種類や規模の量子もつれを作れる回路を実現した。

 量子コンピューターはスーパーコンピューターをはるかにしのぐ超高速計算が可能で、国際的な開発競争が激化している。複数のタイプがあるが、光子を使うタイプは冷却が不要で、光通信と親和性が高いなど実用性に優れるとされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ