PR

ニュース 経済

トヨタ、17年ぶりスープラ復活 BMWと共同開発、販売開始

トヨタ「GRスープラ」発表会に臨むGAZOO Racing Companyの友山茂樹プレジデント(左)とスープラチーフエンジニアの多田哲哉氏=17日、東京都江東区(荻窪佳撮影)
トヨタ「GRスープラ」発表会に臨むGAZOO Racing Companyの友山茂樹プレジデント(左)とスープラチーフエンジニアの多田哲哉氏=17日、東京都江東区(荻窪佳撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 トヨタ自動車は17日、平成14年に生産中止となっていたスポーツカー「スープラ」の新型の販売を開始した。先代は排ガス規制強化で生産中止を余儀なくされたが、モータースポーツ経験で培った「走る楽しみ」を改めて提供する狙いで、包括提携した独BMWと共同開発して17年ぶりの復活を果たした。

 希望小売価格は490万円から。昭和53年発売の初代から数えて5代目で、2年前発足のスポーツカーブランド「GR(ジーアール)」初の世界モデルとして発売する。直列気筒エンジン、後輪駆動というスープラの伝統を継ぎつつ、車台などはBMWの「Z4」と共通化し、これまでのスープラとは全く異なる仕上がりにした。生産はオーストリアのメーカー「マグナ・シュタイヤー」に委託。今夏の米国を皮切りに、世界で販売する。

 衝突防止や前方車両追従などの先進安全装備やエンジン回転数などの走行データを外部出力できる記録装置も付与。試験走行では豊田章男社長も自ら運転したという。すでに海外レースに投入され優勝も収めた。

 全国のスープラファンも招いた東京都内での発表会で友山茂樹副社長は「次の100年も車を徹底的におもしろくする」と語り、旧型のパーツ販売を年内にも再開することも発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ