PR

ニュース 経済

スルガ銀、投資向け不動産の不正・不適切融資は1兆円規模 新生銀、ノジマとの業務提携も発表

 経営再建中のスルガ銀行(静岡県沼津市)は15日、投資用不動産向け融資に関する全件調査の結果を公表し、書類改竄(かいざん)などの不正や借り入れ希望者の自己資金を水増しする不適切行為があった融資は、総額1兆円規模に上ることを明らかにした。併せて新生銀行や家電量販店のノジマと業務提携で合意したと発表した。

 総額1兆7千億円に上る投資用不動産向け融資のうち不正や不適切行為が発覚したのは6割に相当。「過度な営業実績主義」(有国三知男社長)のもと、企業統治が機能不全に陥った状況が浮き彫りになった。

 借り入れ希望者の預金通帳や物件契約書を改竄するといった不正を認定した案件は金額ベースで5537億円に上り、8割が問題化したシェアハウス以外の案件だった。不正が疑われる案件も864億円あったほか、融資時に拠出が求められる自己資金を不動産業者が立て替えた不適切行為も4300億円程度あった。

 不正に関与した行員を新たに2人処分し一連の問題で処分された行員は75人になった。別件のデート商法詐欺まがいの行為に関与した1人も懲戒解雇した。

 新生銀との業務提携ではスルガ銀が得意とする個人向け住宅ローンなどで、ノジマとはクレジットカードを用いた金融サービスや販促で協業する見込みだ。

 一方、この日発表した平成31年3月期連結決算は、最終損益が971億円の赤字(前期は69億円の黒字)だった。通期の赤字転落は17年ぶり。令和2(2020)年3月期は105億円の黒字転換を見込む。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ