PR

ニュース 経済

JR上場4社、売上高が過去最高 旅客収入好調

決算について説明するJR九州の青柳俊彦社長(左)
決算について説明するJR九州の青柳俊彦社長(左)

 JR東日本、東海、西日本、九州のJR上場4社の平成31年3月期連結決算が13日、出そろった。売上高は、訪日客の増加による新幹線収入の増加などから4社とも過去最高を更新。本業のもうけを示す営業利益もJR九州を除く3社で過去最高だった。

 JR東日本の売上高は初めて3兆円を突破し、前期比1・8%増の3兆20億円。新幹線などの運輸収入が過去最高だったことや、東京駅の店舗売り上げが好調だった流通・サービス事業など各事業で好調を維持した。固定資産の売却益などから最終利益も2・2%増の2952億円と過去最高を更新した。

 JR東海も、運輸収入の約9割を占める東海道新幹線の旅客収入が順調だったことなどから売上高が3・1%増の1兆8781億円と過去最高だった。一方、令和2(2020)年3月期の見通しは、リニア中央新幹線の設備投資費用がかさみ、営業利益、最終利益とも減益を見込んでいる。

 一方、JR西日本とJR九州は、豪雨災害の復旧費用を特別損失に計上したため、最終減益だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ