PR

ニュース 経済

米農務長官、日米貿易交渉の早期妥結に意欲 東京で会見

13日、都内で産経新聞などの取材に応じる米国のパーデュー農務長官(岡田美月撮影)
13日、都内で産経新聞などの取材に応じる米国のパーデュー農務長官(岡田美月撮影)

 パーデュー米農務長官は13日、都内で産経新聞などの取材に応じ、農産品など日米の貿易交渉に関し、「トランプ大統領は早期合意を期待している。米国は巨額の対日貿易赤字を抱えており公平な扱いを受けたい」と述べた。トランプ氏は今月下旬に来日するが、交渉妥結の時期は明言しなかった。

 パーデュー氏は、米国が離脱した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が昨年末に発効したことに触れ、「TPP参加国などの関税が引き下げられ、米農産品が不利な状況にある」と指摘。ただし、米国のTPP加盟交渉への復帰を重ねて否定した。

 対中貿易協議では、「中国が報復措置を取った場合、大統領は米農家が不利にならないよう守りたいと考えている」と強調。支援策を講じる考えを示し、中国を牽制した。

 パーデュー氏は20カ国・地域(G20)農相会議のため来日した。(岡田美月)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ