PR

ニュース 経済

米、追加関税25%通告 中国と9日に大詰め協議

(左から)ムニューシン米財務長官、ライトハイザー米通商代表、中国の劉鶴副首相(いずれも新華社=共同)
(左から)ムニューシン米財務長官、ライトハイザー米通商代表、中国の劉鶴副首相(いずれも新華社=共同)

 【ワシントン=塩原永久】米中両政府は9、10日の日程で、米ワシントンで閣僚級の貿易協議を開く。米通商代表部(USTR)は8日、中国からの輸入品2千億ドル(約22兆円)分に対する追加関税率を10日に10%から25%に引き上げると官報に掲載。トランプ米大統領は同日、「中国が副首相を訪米させると通告してきた。どうなるかみてみよう」とツイッターで述べ、中国側の交渉姿勢を見極める考えを示した。

 9日からの協議で中国代表団を率いる劉鶴副首相について、トランプ氏は「取引するために」訪米すると指摘。中国が構造改革を進める約束を「撤回して再交渉しようとしている」と批判し、同日からの協議で中国が譲歩策を示すかどうか注視する認識を示唆した。

 トランプ氏は、改革姿勢を後退させた中国の交渉戦術は「弱々しい民主党に対してなら通用するかもしれない」と述べる一方、トランプ政権として関税強化を躊躇しない構え示した。

 USTRは官報で、関税引き上げを正式発表し、事実上中国に通告した。協議初日の9日に双方が歩み寄りの余地を見いだせなければ、交渉決裂の恐れがある。米国が問題視する中国の経済構造改革を軸に厳しい交渉が予想されている。

 米中は先週、北京で閣僚協議を開いた。米政府は、その際に中国が改革に取り組む姿勢を「後退させた」(通商代表部のライトハイザー代表)として非難。知的財産権を侵害する中国への制裁関税を、大幅に強化する方針をトランプ米大統領が5日に表明した。

 米国は知財を守るため、外国企業に対する技術移転の強要是正を中国に要求。米メディアによると先週の協議で、中国側が是正に必要な法整備に難色を示したという。トランプ氏はツイッターで「中国が再交渉しようとしている」と述べ、合意済みの内容を中国がほごにしようとしていると不信感をあらわにした。

 9日の会合で構造改革策などの交渉に進展がみられなければ、「時間切れ」となって制裁強化が実施されることになる。

 協議には、米政府からライトハイザー氏とムニューシン財務長官らが出席し、訪米した中国の劉副首相らと向き合う見通しだ。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ