PR

ニュース 経済

トヨタ決算 売上高は国内企業初の30兆円超え

「トヨタ自動車2019年3月期決算説明会」 決算説明会で質問に答えるトヨタ自動車の豊田章男社長(右)=8日午後、東京都文京区(萩原悠久人撮影)
「トヨタ自動車2019年3月期決算説明会」 決算説明会で質問に答えるトヨタ自動車の豊田章男社長(右)=8日午後、東京都文京区(萩原悠久人撮影)

 トヨタ自動車が8日発表した平成31年3月期連結決算は、売上高が前期比2・9%増の30兆2256億円と、日本企業で初めて30兆円の大台に乗せた。本業のもうけを示す営業利益は2・8%増の2兆4675億円と増益だったが、最終利益は前の期にトランプ米政権の税制改正による一時的な押し上げ効果があった反動や保有株の評価損計上などで、24・5%減の1兆8828億円だった。

 ダイハツ工業、日野自動車を含むグループ世界販売台数は前期から16万2千台増え、1060万3千台と過去最高を更新し、売上高が伸びた。30年1~12月の中国販売が前年同期比約14%増となるなど、アジアでの拡販が牽引(けんいん)した。東京都内で記者会見した豊田章男社長は、売上高30兆円突破に関し「関係する全ての人に感謝したい」と述べた。小林耕士副社長は「売り上げはまずまずだが、問題は原価だ」と、コスト低減などでさらに利益を増やす余地があると強調した。

 令和2(2020)年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比0・7%減の30兆円、営業利益は3・3%増の2兆5500億円、最終利益は19・5%増の2兆2500億円。為替変動の影響が1700億円の減益要因となるが、原価改善努力などで増益を見込む。グループ世界販売台数は13万7千台増の1074万台と、過去最高を更新する計画だ。白柳正義執行役員は会見で「欧州、アジアで販売が堅調に推移すると見込んでいる」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ