PR

ニュース 経済

パナソニック、半導体事業の一部をロームに売却

パナソニックのロゴ(ロイター)
パナソニックのロゴ(ロイター)

 パナソニックは23日、半導体事業の一部を半導体大手、ロームに売却すると発表した。トランジスタとダイオードの事業を譲渡する。売却額は数十億円とみられる。パナソニックの半導体事業は赤字が続く中、今期の黒字化を目標としており、事業の集中と選択を図る。

 半導体の設計・開発を行うパナソニックの全額出資会社、パナソニックセミコンダクターソリューションズ(PSCS、京都府長岡京市)が、汎用(はんよう)部品の小信号のトランジスタやダイオード事業の販売権をロームに譲渡。完了は10月末を予定している。従業員や設備の移動はなく、今期の連結決算への影響は少ないという。

 PSCS社は、汎用部品事業を売却する一方で、車載や監視カメラなどに使うイメージセンサーや、スマートフォン向けなどのリチウムイオン電池の充放電制御部品の事業に注力する。

 同社の平成30年3月期の最終損益は196億円超の赤字。今年度からは半導体の生産委託先との契約を見直し、コスト削減を図っている。パナソニックの津賀一宏社長はPSCS社の今年度の黒字化を目標に掲げている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ