PR

ニュース 経済

採用多様化の背景にグローバル化への危機感

「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」第2回会合後、報道陣の質問に答える経団連の中西宏明会長=22日午前、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」第2回会合後、報道陣の質問に答える経団連の中西宏明会長=22日午前、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

 経団連と大学が、採用と教育の在り方について中間報告をまとめた背景には、グローバル化の進展や米国、中国のIT企業が世界の市場を席巻している中で日本が立ち遅れているとの危機感がある。

 「これまでのように(新卒者を)一括採用し効率良くトレーニングする考え方は今の時代には合わない」

 経団連の中西宏明会長はこう打ち明ける。

 産業界と大学は当面、新卒一括採用を維持する方針だが、中途採用や通年採用が広がれば、一括採用が先細りする可能性も否定できない。終身雇用を含む雇用体系全体の見直し議論にも一石を投じることになる。

 ただ、産業界の一部からは「令和3(2021)年春入社以降は政府による新就活ルールが始まるため、産業界も一括採用の就活日程を順守するよう求められたばかりだ」と困惑する声も。会員に多くの中小企業を抱える日本商工会議所の三村明夫会頭は新就活ルールを守らない企業がないよう政府に注文をつけた。

 既に通年採用を導入している大企業の多くは今回の報告を歓迎するが、さらなる拡大で優秀な人材は大企業に集まりやすくなり、知名度で劣る中小企業が不利になる恐れもある。(上原すみ子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ