PR

ニュース 経済

LIXILグループ 創業家の潮田会長が辞任「前CEO任命した責任をとる」

会見で厳しい表情をみせるLIXILグループの潮田洋一郎会長=18日午後、東京都港区(桐原正道撮影)
会見で厳しい表情をみせるLIXILグループの潮田洋一郎会長=18日午後、東京都港区(桐原正道撮影)

 経営トップ人事をめぐる紛糾が続く住設大手のLIXIL(リクシル)グループは18日、潮田洋一郎会長兼最高経営責任者(CEO)が5月20日開催予定の取締役会終了をもって取締役を辞任すると発表した。6月の定時株主総会後に会長とCEOからも退く。社長兼最高執行責任者(COO)の山梨広一氏は任期満了となる株主総会で取締役を退任する。またイタリア子会社の巨額損失計上で、平成31年3月期連結最終損益が従来予想の15億円の黒字から530億円の赤字に転落することも公表した。

 潮田氏は18日の会見で、「この業績に至った業務を執行した(前CEOの瀬戸欣哉氏を)CEOに任命した自身の責任をとる」と、辞任理由を説明。「瀬戸氏を招いたことは、38年間取締役を続けたなかで最大の失敗だ」と語った。

 リクシルは昨年10月、瀬戸氏を社長兼CEOから外し、取締役会議長だった潮田氏が会長兼CEOに就任する人事を発表。しかし一部投資家らが手続きが適切でないと問題視した。さらに瀬戸氏が自身のCEO復帰を求め、自身を含む8人の取締役候補を株主提案すると発表するなど、大きな混乱となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ