PR

ニュース 経済

なぜ出版不況の今、LINEが“小説ビジネス”を始めるのか?

 アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーで小説家としても活動する高山一実さんがアンバサダーに就き、この賞を広くPRしていくことも決まった。高山さんは昨秋に出版した小説「トラペジウム」(KADOKAWA)が20万部のヒット作となった実績の持ち主だ。

 高山さんは小説家を志す人に対し、「小説を書いていると、(思考の)矢印を自分に向け、『何が正しくて、何が悪なのか』といった考え方を見つめ直す機会になる。くじけそうだったが、逃げ出すことはカッコ悪いと思って書き上げた。覚悟を決めた時点で人は大きく変わる。小説を書く前の自分よりも、書いた後の自分の方が好きだといえるので、皆さんもご自身をもっと好きになってもらうために応募してもらいたい」と呼び掛けた。(ITmedia News)

「令和小説大賞」アンバサダーの高山一実さん
「令和小説大賞」アンバサダーの高山一実さん
その他の写真を見る(5/5枚)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ