PR

ニュース 経済

日本版ゴーストレストラン始動、クラウドキッチンのよじげんがテック系サービスを活用した非店内飲食型のデリ&テイクアウト専門カレー店の運営実験を開始

 株式会社よじげん
- クラウドキッチン提供サービスのよじげんは、フードデリバリーサービス『UberEats』、モバイルオーダー&ペイサービス『PICKS』、月額定額制テイクアウトサービス『POTLUCK』、テイクアウトでフードロス削減に貢献できるサービス『TABETE.me』を活用した「日本版ゴーストレストラン」として、店内飲食の無い新しい仕組みの実験店舗『カリガリカレーよじげん店デリ&テイクアウト』を新宿区新宿三丁目エリアにて2019年4月13日より運営開始いたします。 -【メディア限定 ご試食体感会開催(4月末まで)】

 飲食店の空き時間を活用したクラウドキッチンサービス『よじげんスペース』を運営する株式会社よじげん(東京都新宿区、代表取締役荒木賢二郎)は、2019年4月13日(土)11:00より、最新のフードテックサービスをフル活用した店内飲食の無い新しい形態の飲食店「日本版ゴーストレストラン」の運営実験として、新宿三丁目のバー日中を活用したデリバリー&テイクアウト専門カレー店『カリガリカレーよじげん店デリ&テイクアウト』の運営を開始いたします事を報告申し上げます。

 写真1:提供されるカリガリ超スパイスよじげんカレー、ご飯が10種類から選択可能

 ■カリガリカレーよじげん店デリ&テイクアウト
https://4jigen.space/cafe/
東京都新宿区新宿3-10-11 国久ビル4F

 【背景】
 飲食店の空き時間を活用したクラウドキッチンサービス『よじげんスペース』を運営する同社では、テクノロジーを活用した効率的なデリバリー専用レストランである「ゴーストレストラン」に早くから注目し、ゴーストレストランの開業インフラとして、キッチンの提供を目指しておりました。

 テレビ、新聞、雑誌等メディアからも「ゴーストレストランの取材を行いたいから紹介して欲しい」と依頼を多く頂くようになる一方で、国土が狭く人口が密集した日本では米国や中国ほどの出張オンデマンドサービス需要が無く、フードデリバリーについても日本で産業として成り立つほどに盛り上がるのかどうかは疑問が残ります。

 そのような背景の元、スナック等飲食店営業許可と調理設備を持ちつつも集客力に乏しいバーやスナック等の雑居ビルにおいて、デリバリーとテイクアウトを活用した「日本版ゴーストレストラン」の可能性を感じ、運営ノウハウを蓄積しよじげんスペース利用者へ提供する事を目的とし、2019年4月13日より自社運営の日本版ゴーストレストランであるカリガリカレーよじげん店デリ&テイクアウトを開店するに至りました。

 【サービスの概要】
 カリガリカレーよじげん店デリ&テイクアウトは、フードデリバリーサービス『UberEats』、モバイルオーダー&ペイサービス『PICKS』、月額定額制テイクアウトサービス『POTLUCK』、テイクアウトでフードロス削減に貢献できるサービス『TABETE.me』を活用した、非店内飲食型のレストラン「日本版ゴーストレストラン」として運用を開始いたします。

 同店のカレーを食べるためには店内で飲食するのでは無く、UberEatsを利用してデリバリーとして受け取るか、PICKSを活用してテイクアウト予約を行うか、POTLUCKを通じてチケットを消費するか、TABETE.meを利用して営業終了後に取りに行くか、何れかのフードテック系サービスを利用する必要があります。

 店内はデリバリー配達人およびテイクアウト受け取り者への受け渡しに特化するため、客席を用意することも、ホールスタッフを雇用することも、電話対応を受けることも一切無く、洗い物やレジ会計を行うスタッフも、採用もシフト管理も労務管理も、お釣りの用意もレジ締めも、店長の不正な売上盗難も一切無い効率的な運営が行える事を期待しており、食品衛生責任者実務講習を受講した調理スタッフ1名での運営を想定しております。

 <3つの特長>
1:店内飲食売上に依存しない、デリバリー&テイクアウト専門店
飲食店側には効率的な店舗運営を、利用者側にはデリバリーやテイクアウト事前予約等の利便性を提供

 2:フードテック系サービスをフル活用し、1名での運営体制
飲食業界が抱える人手不足に最適化した1オペ運営

 3:セントラルキッチン調理により、店内調理手間をカット
調理設備に乏しい雑居ビルのスナック等での展開を想定

 <提供するカレーについて>
 カレー専門店『カリガリカレー』全面監修の超スパイスカレーを提供いたします。セントラルキッチンで調理されたカレーを店内で温めて盛り付けるだけの、ガスコンロや包丁を極力利用しないオペレーションにて提供を行います。カリガリカレー指導の元、カレーのクオリティを保ちつつ、提供者の技術に依存しない高クオリティなカレーを安定して提供できる仕組みを作り上げました。

 カレーは、数種類のスパイスがふんだんに使われた今流行りのスパイスカレー。噛むごとにジャリっと食感が残るレベルのスパイシーなスパイスカレーに、ゴロゴロ食感の牛肉、盛り付け時の「追いスパイス」が追い討ちをかけます。

 カレーを食べる事が罪悪感になるという低炭水化物社会を考慮し、ご飯は10種類から選択が可能に。豆腐やひよこ豆など超スイパイスカレーに合う低炭水化物・高タンパク食品を選択することも可能です。

 ※選べる10種類のご飯変更
1. 小盛り
2. 普通盛り
3. 大盛り
4. 特盛
5. 半分ご飯小/半分豆腐
6. 半分ご飯中/半分豆腐
7. 半分ご飯大/半分豆腐
8. 半分ひよこ豆/半分豆腐
9. 半分うずらのゆで卵/半分豆腐
10. 全部豆腐変更

 写真2:マンゴーソイラッシー(ミルク不使用の豆乳とヨーグルトのドリンク)

 【今後の展望】
今回、デリバリー&テイクアウト専門店を開業するフローにおいて、大変非効率で面倒な工程が多く存在することがわかりましたので、市場調査、営業許可付き物件、提供チャネルの確保、看板デザイン、チラシ配布、食材の仕入れ、決済、タブレットレジ、テイクアウト容器の調達、調理器具用意など、日本版ゴーストレストランに必要な機能を1パックで全て提供する「ゴーストレストラン開業支援パック」の提供を検討しております。
また、今回のデリバリー&テイクアウト専門店を運営する上でも、求人採用、バイト雇用、シフト管理、宣伝、SNS管理、仕入れ等非効率で面倒な工程が見つかる事を予想しており、「ゴーストレストラン運営支援パック」の提供も視野に入れる事で、シェフが料理に集中できる環境の提供を通じて、誰でもチャレンジができて簡単には潰れない仕組みの構築と、コストカットによる収益力アップと適切な提供価格の維持を目指します。

 【メディア限定 ご試食体感会開催(4月末まで)】
メディア関係者の皆さまに限り、超スパイスよじげんカレーを人数分無償提供させて頂きます。グルメ系メディア・ライターの方はもちろん、企業のカレー部や、カレーが好きなインフルエンサーの方などは、下記必要事項をご記入の上メール(araki@4jigen.space)にてご予約頂けましたら幸いです。

 ※テイクアウトでのご用意となりますが、店内にイートインスペースをご用意致します。
カリガリカレーよじげん店デリ&テイクアウト
https://4jigen.space/cafe/
東京都新宿区新宿3-10-11 国久ビル4F

 必要事項
・媒体名
・お名前
・人数
・ご来店日時
・ご要望などあれば
※araki@4jigen.space までご連絡頂けましたら幸いです。
※カレーではなくゴーストレストランについての取材の場合には代表荒木も同席いたしますので、その旨ご連絡頂けましたら幸いです。

 ■カレーの注文方法
お手持ちのスマートフォンより、UberEatsアプリ、PICKSアプリ、POTLUCKアプリ、TABETE.meアプリをダウンロードの上、新宿エリアにてお探しの上ご注文ください。

 オープン日の4月13日11:00以降は、下記URLよりそれぞれのサービスへのリンクが表示されます。
https://4jigen.space/cafe/

 ■フードテックサービス各社
※今回のリリースはフードテックサービスを用いた日本版ゴーストレストランの運用実験開始をアナウンスするものであり、各社がゴーストレストラン実験に参加するという趣旨のものではございません。あくまで株式会社よじげんが1加盟店舗として利用するものであるため、各社へのお問い合わせはお控えください。
フードデリバリーサービス『UberEats』
https://www.ubereats.com/ja-JP/

 モバイルオーダー&ペイサービス『PICKS』
https://picks.fun/

 月額定額制テイクアウトサービス『POTLUCK』
https://www.pot-luck.jp/

 テイクアウトでフードロス削減に貢献できるサービス『TABETE.me』
https://tabete.me/

 ■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社よじげん
東京都新宿区新宿3-10-11 国久ビル4F
https://4jigen.space/cafe/
050-3702-0821
araki@4jigen.space

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ