PR

ニュース 経済

韓国に想定外の敗訴 データを過信、戦術ミスか

水産物輸入禁止措置を巡り、WTOで韓国勝訴の判断が出たことを喜ぶ市民団体=12日、ソウル(共同)
水産物輸入禁止措置を巡り、WTOで韓国勝訴の判断が出たことを喜ぶ市民団体=12日、ソウル(共同)

 韓国による水産物禁輸をめぐる想定外の日本の敗訴。裁判官にあたる上級委員とは審議の場以外では原則として接触できず、いわゆる「ロビー活動」は日韓とも難しい。それだけに日本は科学的なデータで根拠を示す正攻法に固執し、「法的判断」の是非を問う上級委員会での戦術を見誤った可能性もある。

 世界貿易機関(WTO)の紛争処理は二審制で、1審に当たる紛争処理小委員会(パネル)が事実認定を争い、2審の上級委でパネルの法的判断を審議する。

 韓国の「数値ではなく、できるだけ低い線量の水準を目指す」といった主張はわかりにくく、パネルでも日本の具体的な数値を示したデータが支持された。

 だが「データへの過信」(政府関係者)が上級委でつけ込まれる「スキ」となった側面は否めない。韓国は上級委に対し丁寧に反論を続けたとみられ、上級委はパネルが韓国の主張について十分に審議していないと判断した。

 農林水産省の幹部は12日、「WTOの協定は科学的根拠に基づくことと、貿易促進の2つが目的だと思っていた」と“敗因”を述べた。日本側の対応が十分だったか検証が必要となりそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ