PR

ニュース 経済

スズキ、検査不正で200万台リコール 損失800億円

検査不正で、記者会見で頭を下げるスズキの鈴木俊宏社長(右から2人目)ら=12日午後、東京都港区(飯田英男撮影)
検査不正で、記者会見で頭を下げるスズキの鈴木俊宏社長(右から2人目)ら=12日午後、東京都港区(飯田英男撮影)

 スズキは12日、燃費や排ガスのデータ改竄(かいざん)問題の報告書を国土交通省に提出した。新車製造の最終工程である「完成検査」を無資格者が行っていた問題を工場レベルで組織的に隠蔽(いんぺい)していたことも判明した。鈴木俊宏社長は同日、東京都内で開催した会見で、約200万台を対象にリコール(回収・無償修理)を実施すると表明。必要な費用約800億円を平成31年3月期決算に特別損失として計上する。ブランドイメージへの影響も懸念される。

 鈴木氏は会見の冒頭、「大変な危機感をもって厳粛に受け止めている。信頼を裏切る結果となり、お詫び申し上げる」と話した。

 リコールの対象は、同社が平成28年4月頃より後に製造して国内で販売され、まだ初回の車検を受けていない車両。具体的には、軽自動車「スペーシア」など約40車種で、相手先ブランドによる生産(OEM)供給の15車種も含む。詳細は今後公表する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ