PR

ニュース 経済

日清食品「カップヌードル 味噌」の一時販売休止 ドラマ効果か需要大幅増

販売の一時休止となった「カップヌードル 味噌」
販売の一時休止となった「カップヌードル 味噌」
その他の写真を見る(1/3枚)

 日清食品は11日、主力カップ麺ブランド「カップヌードル」の新商品「カップヌードル 味噌(みそ)」の販売を一時休止すると発表した。4月1日の発売後の販売が計画を上回り、十分な供給量が確保できないためとしている。5月1日の改元に合わせて発売を予定していた「カップヌードル 新元号記念パッケージ」3商品のうち「カレー」と「シーフードヌードル」の2商品の発売も取りやめる。

 カップヌードルは昨年から好調を維持していたが、「今年3月になって急激に需要が高まった」(広報)。同時期には創業者の安藤百福(ももふく)夫妻をモデルにしたNHK連続テレビ小説「まんぷく」の放映中で、ちょうど主人公がカップ麺開発に挑んでいたという。

 3~4月は「味噌」を含むレギュラー商品7品目の販売数量が前年同期比30%増となる見込みで、主力商品の安定供給の確保には休止や製造取りやめが必要と判断した。「味噌」については販売再開を目指すが、時期は未定だ。

 同社の工場は平日稼働が基本で、例年のゴールデンウィーク(GW)は休・祝日を休む態勢を取っているが、今回の事態を受け、GW中の生産体制を再検討しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ