PR

ニュース 経済

「偽造防止のためデザイン変更」と菅長官 二千円札は「偽造防止の必要性低い」

 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、一万円、五千円、千円の紙幣(日本銀行券)を全面的に刷新することについて「これまでも偽造防止の観点から、おおむね20年ごとにデザイン変更を行ってきた。今回もそうした観点から変更することにした」と述べた。

 二千円の紙幣を刷新しないことについては「流通枚数が少なく、偽造防止の必要性が低い」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ