PR

ニュース 経済

Linux Foundationが、継続的デリバリーの協業を促進する新ファウンデーションを発表

 The Linux Foundation Japan
新イニシアチブは、 Jenkins、Jenkins X、Spinnaker、Tektonプロジェクトや、次世代の継続的デリバリーコラボレーションに、ベンダー中立的な拠点を提供

 オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体であるLinux Foundationは3月12日 (米国時間)、カリフォルニア州 ハーフムーンベイで開催中の Open Source Leadership Summit において、多様な継続的インテグレーション / 継続的デリバリー (CI/CD) 分野の新ファウンデーションを発表しました。Jenkins、Jenkins X、Spinnaker、Tektonプロジェクトや、次世代の継続的デリバリーコラボレーションに、ベンダー中立的な拠点を提供します。

 2019年3月12日 カリフォルニア州 ハーフムーンベイ発 – Open Source Leadership Summit – オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体であるLinux Foundation ( https://www.linuxfoundation.org/ ) は、多様な継続的インテグレーション / 継続的デリバリー (CI/CD) 分野の新ファウンデーションを発表しました。Continuous Delivery Foundation (CDF https://cd.foundation/ ) は、リリース パイプライン プロセスを迅速に進めるための、継続的デリバリーと仕様に関する最も重要なオープンソース プロジェクトのベンダー中立的な拠点を提供します。CDFは、業界トップクラスの開発者、エンドユーザー、ベンダー間のコラボレーションを促進し、それによりCI/CDとDevOpsのメソドロジーを広め、ベストプラクティスを定義/文書化し、ガイドラインを提供し、世界中のあらゆるソフトウェア開発チームがCI/CDベストプラクティスを実践することを可能にするトレーニング マテリアルを作成します。

 CDFがホストする最初のプロジェクトは、Jenkins (オープンソース CI/CDシステム https://jenkins.io/ )、Jenkins X (Kubernetes対応オープンソース CI/CDソリューション https://jenkins-x.io/ )、Spinnaker (オープンソース マルチクラウド CDソリューション https://www.spinnaker.io/ )、Tekton (CI/CDコンポーネント向けオープンソース プロジェクト / 仕様 http://github.com/tektoncd ) です。追加のプロジェクトは、まもなく結成される Technical Oversight Committee (TOC 技術監視委員会 https://github.com/cdfoundation/toc )が、移植性と相互運用性に関する仕様とプロジェクトを作成するCDエコシステムを一つにまとめることにフォーカスして決めていく予定です。

 CDFは、参加と技術的なコントリビューションを奨励するオープン ガバナンス モデルのもと、CI/CDツールの長期的な管理運用と持続可能性のための枠組みを提供します。CDFの20社を超えるの創設メンバーは、Alauda、Alibaba、Anchore、Armory.io、Atos、Autodesk、Capital One、CircleCI、CloudBees、DeployHub、GitLab、Google、HSBC、Huawei、IBM、JFrog、Netflix、Puppet、Rancher、Red Hat、SAP、Snyk、SumoLogicです。

 The Linux Foundationのエグゼクティブ ディレクターであるJim Zemlinは、次のように述べています。
「私たちはContinuous Delivery Foundation (CDF) をLinux Foundationに迎え入れることに興奮しています。ソフトウェア開発とデリバリーを迅速かつ容易にするために必要なツールとベストプラクティスを強化するためのニュートラルな環境を構築しています。全ての業界や企業は競争力としてソフトウェアに依存しており、オープンソースとCI/CDは、共同でリアルタイムのソフトウェア開発を行うチーム間で好まれ普及しています。」

 CDはソフトウェア エンジニアリング アプローチで、チームが短いサイクルでソフトウェアを生産し、いつでも確実にソフトウェアをリリースすることができます。マイクロサービスとクラウドネイティブ アーキテクチャの使用が増えるにつれて、ソフトウェア開発チームのスピードと生産性を向上する継続的デリバリーツールとプラクティスの需要が高まっています。

 JenkinsのクリエイターでCloudBeesのCTOである Kohsuke Kawaguchi 氏は、次のように述べています。
「Jenkinsコミュニティは、Continuous Delivery Foundation (CDF) によりホストされることを喜んでいます。CDF傘下で広範なグループからの協力を得て業界全体の仕様を作成し、ベンダー中立的なイベント、ドキュメンテーション、ツール、サポートへの共有投資を作り出すことを望みます。」

 Jenkins Xの共同創始者でCloudBeesの著名なエンジニアである James Strachan 氏は、次のように述べています。
「CDFが発足し、CI/CD分野で最も人気のあるベストオブブリードのオープンソースツールのプロジェクトから始まることに大変興奮しています。オープンソースのCI/CDランドスケープを加速するために私たち全員のコラボレーションが強まることを楽しみにしています。」

 Netflixのデリバリーエンジニアリング担当ディレクターである Andy Glover 氏は、次のように述べています。
「Netflixにより開発され、NetflixとGoogleが共同で主導するSpinnakerは、何百万ものデプロイメントで何百ものチームにより本番環境で実証された継続的デリバリープラットフォームです。開発チームは、スピーディーかつ確実にソフトウェアの変更をリリースするために、Spinnakerに毎日依存しています。」

 Google CloudのソフトウェアエンジニアリングマネージャーでSpinnaker運営委員会メンバーである Steven Kim 氏は、次のように述べています。
「1つのファウンデーションに集まるエコシステムは、継続的デリバリーの最先端技術を前進させるユニークな機会です。Spinnakerコミュニティは、この進化の一端を担うことに興奮しています。」

 Google Cloudスタッフソフトウェアエンジニアである Dan Lorenc 氏は、次のように述べています。
「継続的デリバリーは、最新のソフトウェア開発のクリティカルな要素ですが、この分野は現在、非常に断片化されています。Tektonプロジェクトは、オープンソースコミュニティや他の主要なベンダーと一緒に CI/CDインフラストラクチャのモダナイゼイションに協力することで、この問題に対処しています。ベンダー中立的なファウンデーションを立ち上げ仕様を作成することにより、急速に変化する CI/CD がコンテナと幅広いクラウドネイティブエコシステムを最大限に活用できるようになります。これらの理由から、CDF傘下でTektonプロジェクトをホストすることに興奮しており、他の創設メンバーとのコラボレーションを楽しみにしています。」

 クラウドネイティブ インタラクティブ ランドスケープ ( https://landscape.cncf.io/category=continuous-integration-delivery&format=card-mode&grouping=category ) は、CI/CD分野の多様性と、そこで活躍する多くのプロジェクトやベンダーを示しています。

 Linux Foundationのデベロッパーリレーション担当バイスプレジデントでありCNCFのCTOである Chris Aniszczyk は、次のように述べています。
「市場がコンテナ化とクラウドネイティブ技術にシフトするにつれて、CI/CDシステムと関連ツールのエコシステムは根本的に変化しました。利用できるCDツール数が増加しますが、ツール間の移植性を支援するためのパイプラインやワークフローを定義する業界仕様はありません。Capital One、CircleCI、CloudBees、Google、Huawei、JFrog、Netflixや、他のContinuous Delivery Foundation (CDF) 創設メンバーは、この課題を解決するために協力、統合するための中立的な拠点が必要であることを認識しています。CDFは、プロジェクトのコミュニティを立ち上げ、CI/CD関連の業界のベストプラクティスとイノベーションを推進します。」

 Jenkins バックグラウンド
Jenkinsは、開発者、テスター、デザイナーのほか、継続的インテグレーション / 継続的デリバリーおよび最新のソフトウェア デリバリー プラクティスに関心がある人々の大規模で成長中のコミュニティにより支持されている主要なオープンソースの自動化サーバーです。Java仮想マシン (JVM) 上に構築され、Jenkinsを拡張してソフトウェアデリバリーチームが使用するほぼ全てのテクノロジーで自動化する1,500以上のプラグインを提供します。2019年Jenkinsのインストールは20万件を突破し、最も広くデプロイされた自動化サーバーになりました。

 Jenkins X バックグラウンド
Jenkins Xは、Kubernetes上の最新クラウド アプリケーションに対応したオープンソースのCI/CDソリューションです。Jenkins Xは、チームのコラボレーションとあらゆる規模のソフトウェアデリバリーの加速を支援する、パイプラインの自動化、ビルドインGitOps、プレビュー環境を提供します。Jenkins Xは、Jenkins、Tekton、Prow、Skaffold、Kaniko、Helmなど、ベストオブブリードのOSSツールを使用してKubernetes向けのCI+CDを自動化します。

 Tekton バックグラウンド
Tektonは、CI/CDシステムを構築するための共有のオープンソース コンポーネントで、GoogleによりCD Foundationにコントリビューションされました。プロジェクトは、デプロイメント ターゲットに対して非依存であり、それが、Kubernetes、VM、ベアメタル、モバイル、そのほかであっても関係ありません。Tektonは、Kubernetesを利用して継続的デリバリー コントロールプレーンを最新化し、ソフトウェア デプロイメントをシフトします。Tektonには、パイプライン定義、ソースコード アクセス、アーティファクト管理、テスト実行などのプリミティブが含まれています。

 Spinnaker バックグラウンド
Spinnakerは、オープンソースのマルチクラウド継続的デリバリー プラットフォームで、当初Netflixにより開発され、現在ではNetflixとGoogleが共同で主導しています。それぞれのプロバイダーからのコントリビューションにより、全ての主要なクラウドプラットフォームとKubernetesをサポートします。Spinnakerは、通常DevOpsチームが「ゴールデンパス」アプリケーション デプロイメント パイプラインを提供することによって、複数の開発チームを支援している規模の組織で使用されています。

 支援のコメント全文はプレスリリース https://www.linuxfoundation.jp/press-release/2019/03/the-linux-foundation-announces-new-foundation-to-support-continuous-delivery-collaboration/ を御覧ください。

 CDFの詳細については、今週のGoogleのKubernetes Podcastをお聴きください。ゲストはCloudBeesのオープンソースコミュニティディレクターである Tracy Miranda 氏です。https://kubernetespodcast.com/episode/044-continuous-delivery-foundation/

 その他のリソース

 CDF Twitter https://twitter.com/CDeliveryfdn
CDF FAQ https://cd.foundation/about/faq/
CDF ブログ https://cd.foundation/news/blog/
CDF TOC https://github.com/cdfoundation/toc
CDF参加方法 https://cd.foundation/members/join/

 # # #

 The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページ ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ ) でご確認いただけます。Linux は Linus Torvalds の登録商標です。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ