PR

ニュース 経済

日産専務執行役員が退任 前会長に近く調査対象に

アルン・バジャージュ氏
アルン・バジャージュ氏

 日産自動車は13日、アルン・バジャージュ専務執行役員が11日付で退任したと発表した。人事責任者としてカルロス・ゴーン前会長に近かったとされ、前会長の不正行為に関する社内調査の対象となった。1月ごろには職務を外れ、自宅待機になっていた。退任理由は「一身上の都合」という。

 副社長や空席となっている要職の人事については、社外の弁護士らでつくる「ガバナンス改善特別委員会」が3月末にまとめる提言を受け、検討する。

 日産では、前会長に評価され主力市場の中国を受け持っていたホセ・ムニョス元執行役員が1月、担当を外された後に辞任した。前会長の片腕として、2005年から13年まで最高執行責任者(COO)を務めた志賀俊之取締役も、6月の定時株主総会で退く意向を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ