PR

ニュース 経済

【春闘】「意義薄れた統一交渉」 電機連合、再検討へ

 しかし世界的な競争の結果、互いに重複する事業が減り、業績格差が広がる中で「横並び」の意識は薄れつつある。経団連の中西宏明会長は13日、「電機産業というくくり方は無理になってきている」と述べ、統一交渉の見直しが必要との認識を示した。電機連合の野中氏も「立ち止まって検討する時期」と再検討の必要性は認める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ