PR

ニュース 経済

トヨタが月面車開発 宇宙服不要…2029年打ち上げへ

トヨタが開発を目指す月面車のイメージ(同社提供)
トヨタが開発を目指す月面車のイメージ(同社提供)

 トヨタ自動車は12日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、月面で宇宙服を着ずに乗車でき、燃料電池で1万キロ以上走破できる車の開発に取り組むと発表した。2029年に米国のロケットでの打ち上げを目指す。

 月面を走る車は、米アポロ計画でも電池で動くバギーが活躍した。ただしオープンカーだったため、乗車の際に宇宙服を着なければならなかった。空気で満たされた車が月面を走れば世界初となる。

 JAXAは30年代をめどに、日本人宇宙飛行士による月面探査を構想しており、月面車の活躍が期待される。

 構想によると、月面車は内部が人が過ごしやすい気圧を保った「有人与圧ローバー」。飛行士は宇宙服を着る必要がない。全長6メートル、幅5・2メートル、高さ3・8メートルで、マイクロバス約2台分のイメージ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ