PR

ニュース 経済

日産など3社トップ12日に会見、運営方針表明へ

日産・三菱自・ルノーのロゴ(コラージュ)
日産・三菱自・ルノーのロゴ(コラージュ)

 日産自動車、仏ルノー、三菱自動車は11日、各社のトップが12日午後に横浜市の日産本社で共同記者会見を開くと明らかにした。3社連合を主導してきた日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が逮捕されて以降、3社トップが“そろい踏み”で会見を開くのは初めて。ゴーン被告に過度に権限が集中していた連合の体制を改め、提携戦略を協議する新たな会議体を設置する方針を表明する見通しだ。

 会見には、日産の西川広人社長、三菱自の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)、ルノーのジャンドミニク・スナール会長とティエリー・ボロレCEOも来日して出席。提携戦略の強化に向けた方針について説明するとみられる。

 提携戦略はこれまで、ゴーン被告が議長役を務める会議体「アライアンスボード」が中心となって協議。日産・ルノーが折半出資でオランダに設立した統括会社「ルノー日産BV」と日産・三菱自の統括会社「日産三菱BV」も、企業連合の運営に関わってきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ